インプラントの費用は保険が適用されない|事前に確認が必要です

治療には時間がかかる

smile

歯が抜ける大きな要因の1つが歯周病です。ある日突然歯周病になるわけではありません。自覚症状は少ないですが、徐々に進行していく病気なのです。歯周病の原因となるのがプラークです。そのプラークには細菌がたくさんいます。歯と歯茎の間に溜まったプラークから細菌が毒素を出すことで歯周病が進行します。進行すると、歯茎が炎症を起こし赤く腫れるのです。また、歯ブラシの刺激でも出血するようになります。そうなった頃には歯と歯茎の間には大きな隙間ができており、グラグラするようになるでしょう。最終的には歯が抜けてしまうのです。歯周病を防ぐためにも毎日しっかりと歯ブラシでケアすることが大切です。歯ブラシでケアしきれなかったプラークは固まって歯石になることもあるのです。もしも、歯石が出来てしまった場合は歯医者で除去しましょう。堺の歯医者では、まず歯周病の進行がどの程度か検査をしてくれます。検査では歯茎の腫れや出血の具合、歯と歯茎の隙間が何ミリあるのかをチェックします。次に歯の掃除が行われるでしょう。綺麗に掃除してプラークを除去することで進行するのを防ぎ、しっかりとした治療を行なうことができます。硬い歯石はガリガリと削られることもあります。堺の歯医者では、プラークを除去するための歯の磨き方を教えてくれます。普段からしっかりプラークコントロールをするようにと注意されるでしょう。大まかな歯石やプラークが取れたら、歯茎の中にある歯石も除去してくれます。堺の歯医者ではひと通りの治療が終わったら再度検査を行ないます。もちろん、そのときにプラークコントロールができていればすぐに治療を終えることができるでしょう。そうでない場合はまた通院しながらプラークを除去することになります。堺の歯医者へ定期的に通って歯周病の治療や予防を行ないましょう。